1. ホーム
  2. 任意売却

任意売却

住宅ローン返済にお困りなら、「任意売却」で解決しませんか?

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンや借入金などの返済が困難になったとき、債務者(所有者)と債権者(銀行等)の間で、不動産を競売にかけずに所有者・債権者・買主の納得のいく価格で売却を成立させること。 何らかの事情で住宅ローンの返済が困難になった場合、銀行等金融機関は、抵当権に従って、所有者の不動産を競売にかけ、現金にして回収しようとします。
競売だと、いくらで落札されるかは開札日までわからないが、一般的に「市場価格より2〜3割低い価格になることもある」と言われています。 ※最近は競売落札価格が上昇傾向にあります。
そこで仲介者(具体的には不動産会社など)が所有者と債権者の間に入り、両者が合意のもと、競売よりも有利な条件で第三者に売渡すことをいいます。

このように、不動産を法的手続によらずに売買契約によって第三者に売却することを任意売却といいます。
任意売却の際には、担保を抹消しなければ、誰も買ってくれないので、担保を抹消してもらうかわりに、銀行などの金融機関には、売買代金からお金を支払うことになります。

いくつも担保権がついている場合には、先の順位の担保権から順番に配当されていき、最後の担保権などは、ハンコ代程度で抹消に応じざるを得ないこともしばしばです。

任意売却を進めるうえで、債務者に『納得できる』・債権者も『処理がしやすい』など双方にメリットが発生するようなプロセスが大切です。

任意売却の流れ

任意売却の流れをつかんで、一歩を踏み出しましょう。

任意売却のメリット・デメリット

良いところ、悪いところがそれぞれありますので、よくお考えください。

おちいりやすい落とし穴

破綻から破滅へ陥りやすいパターンです。

新生活のためにやるべきこと

新しい生活のためには、どうしたらいいのか。それを解決しましょう。