1. ホーム
  2. 任意売却
  3. 任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット

競売より高額で売却できる可能性が高い。

任意売却では市場価格に近い価格で売却できる可能性が高いため、競売よりも一般的に高額で売却することができるため、債権者へより多くの返済が可能となります。
出来るだけ残債務を少なくして、返済できる範囲でその残債務について返済するのが有効でしょう。

所有者の費用の持ち出し負担がありません。

売却に必要とされる登記費用や仲介手数料、滞納になっている管理費や修繕積立金などの費用について所有者の費用負担はありません。
金融機関が引越し代を負担してくれる場合もあります。債権者である金融機関が所有者の引越しの費用を負担してくれる場合が多くあります。

ご近所の人達に競売なることを知られたくない。

競売になれば公告とか新聞、インターネットなどで公表されますのでご近所の人に競売にかかったことが知られてしまいます。
任意売却なら通常の売却と大きな違いはありませんので、普通に売却していくことが出来ます。

任意売却のデメリット

・ 任意売却をするには、すべての債権者の同意が必要です。

・ 保証人がいる場合は保証人の同意が必要です。

・ 任意売却をするとブラックリストに登録されると心配されますが、すでに住宅ローンの返済を3ヶ月以上滞った時点で殆どがブラックリストに登録されています。